となとなとーなの副業ブログ

色々なサービスが登場していますが、ひとつ他の方と違うことをするだけで稼ぎ方が変わる方法を公開していきます!

GoToEatが使える予約サイト↓

【スマホプラン比較まとめ】ドコモ ahamo, au povo, ソフトバンク LINEMO, 格安SIMの比較表!

f:id:bee5boo5bee:20210220035150p:plain

2021/3/21 に更新しました。 

---

 

各社3月から価格が大幅に変わるプランが出てきますね。

 

総務省の意向からドコモが先行して ahamo というプランを出してきましたが、au・ソフトバンクもそれに追随したプランを出してきています。更に、格安SIMもそれに伴って価格を下げてきています。

 

今回は、そんなスマホプランを3月からどこに切り替えればよいのかを考えていきたいと思います。

 

 

想定利用者は?

正直なところ各社のスマホプランは格安SIMも含めると、ここに書ききれないくらいのプランがあります。すべてを書いてしまうと正直わかりにくいです。

 

なので、下記のような方を対象として今回はプランを比較してみたいと思います。

  • 容量は3GBも使えれば十分だが、たまに超える時がある。

  • 速度があまりにも遅い格安SIMは避けたい。

  • 価格は安いに越したことはないが最安ではなくても良い。

  • 電話は基本LINEでするので、電話かけ放題は不要。

 

 

本当に安い格安SIMを選べば数百円からありますが、やはり通信品質が悪くなる可能性も高まります。ネットの評判なども見て、今回は格安SIMのうち「Yahoo!モバイル」「UQモバイル」「LINEモバイル」「mineo」を対象に加えて比較をしたいと思います。

 

また、docomo, au, ソフトバンクなどのキャリアにするならば、3GB前後の利用では変にケチると損をする場合が出てきます。格安SIMより価格は高いですが、いま話題の大容量プランにすべきでしょう。

 

データ専用SIMを使ってデュアルSIM運用をする方法もありますが、今回はわかりやすくすべて電話番号付きのプランで比較をしています。

 

 

各社プランの比較してみる

さっそくですが、各社のプランを一覧比較してみたものが下記となります。

背景青はメリット、赤文字はデメリットです。詳細を見たい場合には、リンク先を見てください。

 

スマホは横向きで見ることがオススメです。

 

各社スマホプランの比較

 

docomo

au

Softbank

楽天

Yahoo!

UQ

LINE

mineo

概要

大容量

大容量

大容量

1年無料

価格最安

繰越し可

3ヶ月500円

5GBが安い

プラン名

ahamo

povo

LINEMO

UN-LIMITV

シンプルS

くりこしプランS

音声通話SIM

デュアルタイプ

月額(税込)

2,970円

2,728円

2,728円

1年目無料

900円(割引後)

1,480円

1,480円

1,380円

容量

20GB

20GB

20GB

無制限
(エリア外 5GB)

3GB
(1年間 4GB)

3GB

3GB

5GB

特徴

5分電話無料

LINEギガフリー

最大2.5万P還元

Yahooプレミアム付

データ繰越し可

LINEデータフリー

パケットシェア等

割引

家族割, 光割引

学割8ヶ月 -580円

事務手数料

無料

不明

無料

無料

リンク先で無料

リンク先で無料

3,000円

リンク先で無料

解除料

無料

不明

無料

無料

無料(一部有料)

無料

1,100円

無料

MNP転出費

無料

不明

無料

無料

3,000円

3,000円

3,000円

3,000円

光回線割引

ドコモ光
割引なし

au光
割引なし

SB光

割引なし

楽天 光

1年間無料

SB光

で割引

なし

なし

なし

テザリング

無料

無料

無料

無料

無料

無料

無料

無料

本体購入割引

Andoroid は安い

若干割引

若干割引

若干割引

若干割引

開始日

3/26スタート

3月中スタート

3/17スタート

開始済み

開始済み

2/1スタート

開始済み

開始済み

キャンペーン

エントリーで

3,000P

エントリーで
3,000P

エントリーで

3,000P

エントリーで

ポイント

エントリーで

3,000P

なし

なし

なし

申し込み

ネット

限定

ネット

限定

ネット

限定

ネットが

お得

店舗/ネット可

店舗/ネット可

店舗/ネット可

店舗/ネット可

備考

 

+500円で5分かけ放題、+220円で24時間データ使い放題

+500円で5分かけ放題

2年目 2,980円
通信やや不安定

シンプルMは15GBで1,900円(割引後)

くりこしプランMは15GBで2,480円

3ヶ月間は500円

データ通信のみで5GBは1,150円

 

 

こうやって見てみると、キャリアで20GBプランの契約をするならばLINEの通信量がフリーになるソフトバンクが良さそうです。ただ、スタート直前までプランの詳細がどうなるかわかりませんので、改めて3月にチェックが必要ですね。

 

楽天モバイルは1年間無料なので間違いなくお得です。ネックは通信が不安定なときがあることですね。例えば、あまりスマホを使わない家族の2台持ちとして一度契約をしてみてご自宅付近で利用に問題が無いかを確認してから、メインのスマホを切り替えるということもひとつの手だと思います。

 

格安SIMで3GB程度の利用で考えるならば圧倒的にYモバイルでしょうか。家族割や光割引で、900円/月になるのことは非常に魅力です。契約前にはエントリー&事務手数料無料パッケージを購入することを忘れないようにしましょう。

 

3GB程度の利用で良い人は、Y!モバイルにしておくことが良いかと思います。光割引が使えるならば、15GBの利用でもシンプルMプランで1,900円になります。

 

しかし、格安SIMはすべてMNP転出費用が掛かることがネックですね。これがなければ自由に他の会社に切り替えるのですが。ahamo などはMNP転出費用も無料を打ち出しているので、3月末頃になれば格安SIMも無料になるかもしれませんね。

 

筆者ならばどうするか

筆者は現在Y!モバイルを1年ほど使っています。Y!モバイルでは2/18 から新プランの「シンプルプランS」が登場したので、ひとまずプラン変更をしておくことが良さそうです。

  

3月後半まで待って、Y!モバイルのMNP転出費用が無料になるならば、一度auの大容量プランなどに切替えてみることもありです。

 

また、楽天のポイントなどは魅力的なので、楽天モバイルは2台目として契約したいと思います。ちなみに、SMS番号が新しくもらえるので、こちらの記事を参考にアプリなどの登録も良いかと思います。iPhone SE2や、iPhone12ならばデュアルSIMでデータ通信用にもできます。 

 

あとは、筆者のiPhoneの調子が最近よろしくなくて、iPhone12に変更したいんですよね。上記の表のプランだと、どれもiPhone12の割引が効かないので、一度3月後半まで待ってみて、店頭で別プランも検討する予定です。キャリアの大容量プランが出た後ならば店頭契約する人が少なくなるはずなので、もしかするとiPhone12の割引が大きくなるかも?という期待もあります。

 

まとめると、

  • 2月はY!モバイルのプラン変更

  • 楽天モバイルは2台目として新規登録

  • 3月後半にiPhone12が安価に購入できないか待つ

  • iPhone12が購入できればデュアルSIM運用で、楽天SIMをデータ通信用に利用

 

というところでしょうか。

 

キャリアの大容量プランも興味がありますが、私は3GBくらいで今のところ大丈夫なので、容量が必要になれば検討という感じです。

 

 

まとめ

2021年3月は、docomo, au, ソフトバンクから大容量プランが出てくるので、格安SIMや店頭販売も含めてスマホ契約の金額がガラッと変わることになるかと思います。

 

何事も変わったタイミングで動けるとお得なキャンペーンが使えたりするので、ぜひ皆さんもスマホ料金を下げる意味でも自分にあったプランを選んでみてくださいね!

 

 

はてなブログ会員の方は、よろしければ「読者になる」ボタンを押してもらえると励みになります。

はてなブログ

  

また、下記記事にご興味あればアクセスしてみてください。「記事一覧へ」のボタンから他の記事を見ることもできます!ご覧いただきありがとうございました。

  

 

記事一覧へ

 

 

プライバシーポリシー | 隠しページ | 日本ブログ村リンク